人が亡くなった後に行う大切なこと~遺品整理で心も整理~

遺品整理のサービス

遺品整理に類似のサービスとは

遺品を整理してくれるサービスに類似のものとしては、不用品処分があります。ケースバイケースですが、遺品というのは大抵の場合処分せざるを得ない状況がほとんどです。 部屋で人が亡くなっていた場合、そこにある家具などを転売する様なことは難しいです。それから、身内がいないような場合には引き取り手もいないことがほとんどです。ですから、遺品整理と不用品処分が似た業務として挙げられるのです。 遺品整理に関しては、引き取り手がいればその人に適切に配分すると言ったようなサービスも行っていることがあります。不用品の処分や回収にはこうしたサービスが付帯していないこともあるので、その時その時、状況に応じての使い分けが重要と言えます。

遺品を整理したいときにかかる費用とは

遺品整理は大抵の場合、どれくらい処分する必要があるか、片づけをする床の面積によって料金が変わります。遺品整理の相場としてワンルーム、一部屋程度なら20000円〜40000円程度です。 それから、遺品整理の業務については、清掃や宝石類などのしわけが含まれることがあります。こうした副業務が含まれるような場合には料金がさらに5000円〜30000円程の料金が上乗せされることもあります。 遺品整理について、大型家具などの処分も含まれるケースも考えられます。その場合、業者によっては家具の処分料金が発生することがあります。1つあたり2000円〜6000円ほどかかることがあるのです。ですから合計金額としてはおおよそ80000円程度を考えておいた方が無難です。