人が亡くなった後に行う大切なこと~遺品整理で心も整理~

精神的に整理をつける

亡くなった方の遺品整理

家族に人生の最後の瞬間の死が訪れ、遺族は悲しむ間もなく葬儀などの準備に追われ、あわただしく過ごします。一周忌が過ぎたころが一段落つきますが、悲しみや喪失感はその頃にも増すこともあります。時間はかかっても、悲しみと向き合っていかなくてはなりません。思い出話ができるのも、だんだん時間がたってからかと思われます。そんな中でも、少しづつでも片づけて行かなくてはならないものの一つに、故人の遺品があります。遺品整理は、生前の故人の生活のすべてのものを整理していくものですから、片づける側には精神的にも肉体的にも多くの力を必要とする骨の折れる作業です。ただ捨てていくという訳にもいかず、また何かと意見を述べる遺族の方によって、作業が進みにくいこともあります。

プロの力も借りていいんです

同居していた方が亡くなった場合、家族で使っていたもの以外の品を、遺族で形見分けしたり、処分することもしやすいですが、別居していた方が亡くなり、一世帯分の生活用品がまるまる残ってしまった場合、これらを片づけるのはかなりの手間がかかります。遺族だけではままならない場合は、遺品整理の会社に相談してみるのも良いでしょう。高価なものは遺族で話し合って分けておき、判断が付かないものを鑑定してくれる会社もあります。遺品整理と言っても、簡単に言えばリサイクルに回収してもらう部分も多いので、家電製品などは、引き取り手が他にない場合は、遺品整理の会社にお任せするのが簡単かも知れません。寂しさもともなう遺品整理の作業ですが、悲しみの次に進むためにも、プロの手を借りながら行ってみてください。