人が亡くなった後に行う大切なこと~遺品整理で心も整理~

お葬式の形式

自宅葬は減少し、会場での葬儀に

日本における葬儀の歴史は実に古いものですが、時代とともにそのスタイルは少しずつ変化を遂げています。そもそも、お葬式は亡くなられた方の自宅で行うものでした。同時に、ご近所の方の協力を得てお葬式を執り行うのが一般的な葬儀でした。祭壇の準備や料理の炊き出しなど、ご近所の方が協力して準備を行い、参列した方が隣のお宅で通夜振る舞いを受けることもごく一般的な光景だったのです。 こうした自宅葬は時代とともに減少し、今では会場を借りた葬儀が一般的となりました。ご近所の助けを借りて個人を見送るという風習は、今なお地方では受け継がれています。しかし、ご近所付き合いが希薄化したこともあり、お葬式の対応も葬儀社のスタッフが行うことも増えているのが現状です。

お葬式の規模が小規模に

会場を借りて行うお葬式が一般化すると同時に、会葬者の数にも変化が表れています。日本のお葬式では、友人知人に加え、これまで故人やその家族とかかわりのあった方がほとんどといっていいほど参列する大きな葬儀が一般的でした。しかし、そうした関係者が会葬するにしても、その人数は年々縮小傾向にあります。 また、ここ数年特に増えているのが、家族葬や密葬といった身内のみで行うお葬式です。参列者への配慮が要らず、精神的負担が軽減されるといった利点もありますが、経済的な理由を挙げる人が多いことが近年の傾向です。今後は、葬儀にかける費用にシビアになる方が増えることが予想されていて、葬儀各社は様々な葬儀プランを用意するなどの対策を行っています。