人が亡くなった後に行う大切なこと~遺品整理で心も整理~

新しいタイプの葬儀

必要最小限の予算に抑えるなら直葬

近年新しいタイプの葬儀方法として様々なタイプのお葬式が行われています。散骨であったり家族葬であったり、1日葬もあれば直葬もあります。この直葬 というのは、通夜、葬儀、告別式を一切はぶき火葬のみを行う葬儀スタイル?になります。直葬の場合は、病院で臨終を告げられ退院の手続きを終えるとそのまま葬儀社に連絡をして、直葬の準備にはいります。告別式、葬儀、通夜を行わない分、費用は格段に浮いてくるので最近はこういった葬儀の方法を選択する人が増えています。 直葬のメリットは、儀式を省くぶん実質的な費用はかなり格安に押さえることができるので、実質的には火葬にかかる費用のみになります。 近年は、家族に迷惑をかけたくないと事前にこの方法を選ぶ人 がふえてきています。

実質的な葬儀にかかる費用

実際に直葬にかかる費用というのは、セット料金で10万円から40万円ほどかかります。この差は基本的には 火葬料金に係る費用で決まりますが、自治体によって火葬にかかる費用というのは差があり、また火葬をおこなっている最中に待っているための休憩室を借りて用意するとなると、その費用だけでも2万円から三万円必要になってきます。 さらに火葬以外にかかってくる費用としては、霊柩車やドライアイスに、納棺する為の棺代や人件費までと様々な費用がかかってきます。 しかし、こうした様々なものにかかってくる費用を総合しても一般の葬儀にくらべると価格的にはかなり下がるので、そういった点も考慮して費用を抑えるという点では直葬は人気があります。